mobile機で見てます?javascriptに対応しているブラウザで見てくださいね☆
×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

RE:PLAY TOP > トリビアINDEX > 笑える邦題と洋画の原題
Loading
笑える邦題と洋画の原題
邦題をつけているのは映画配給会社の宣伝担当者の方達だと思いますが、時々、本編の内容とはかけ離れてしまっているような邦題がつけられていますよね(笑)

「愛の〜」とか「恋の〜」とか似たり寄ったりの題名になっていたり、その時の日本の流行に合わせるように無理やり原題を変更してしまったりと、結構、短絡的というか、あまり内容や原題タイトルの意味を理解しないままつけてしまっているような印象を受けてしまいます。

そこで、原題とは違う邦題がつけられているけれど、とっても意味深だったりハイセンスな原題をご紹介&解説しようと思います♪
洋画を観る際には、できるだけ原題とその意味もチェックして、どういう意図でつけられたのかな?なんて考えて見るとさらに深く映画を楽しめますよ☆

恋愛小説家ジャック・ニコルソンとヘレン・ハント主演の「恋愛小説家」という映画の原題は「AS GOOD AS IT GETS」です。
直訳すると「出来る限り最高の」とか「これ以上にないくらい良い」とかそういう意味ですが、内容から考えるとおそらくは「僕なりに出来る限り」なんて意味じゃないでしょうか?
内容を知っている人なら題名だけで笑っちゃいませんか?(笑)
でもさらに、僕なりに勝手に想像したのは、as good as it getsを「得るのと同じくらい良い」という意味ととらえてみると もしかしたら映画の内容のように自分本位に奪うのではなく、親切や善意を与えてみたら”得るくらい良いものだった”という意味にもとれないかな〜なんて考えたりもしました。
まあ、監督のインタビューなんかを見るときっとどこかでタイトルの意味にも触れているかもしれませんね。
結局、こうやってあれこそ憶測で考えている過程も楽しかったりします♪

人生は奇蹟の詩ロベルト・ベニーニ監督主演作品「人生は、奇跡の詩」という映画の原題は「the tiger and snow」、直訳すると「虎と雪」という意味です。まったく違う意味ですね。
ちなみに、人生をつけたのは、おそらく前回日本でもヒットした同じロベルト・ベニーニ監督作品の「ライフ・イズ・ビューティフル」にあやかってのことでしょう・・・。
どちらも最高の映画なんですが、特にこの「虎と雪」はすごく映像が綺麗で、悲劇の中に喜劇があるような甘美な映画で、観るといつも元気をくれる、大好きな1本です。
<雪の中に虎がいる>なんて景色が想像できますか?なんかミスマッチな気がしますが、これがまた内容的にはミソだったりするわけで(笑)
なかなか粋で美的センスのある原題だと思います。さすがイタリアのチャップリンと呼ばれるだけのことはあります。

街角 桃色の店少し昔の映画で「ユーガットメール」なんかの元になった名画、
エルンスト・ルビッチ監督、ジェームズ・スチュワート主演の「街角 桃色の店」という映画の原題は「The Shop Around The Corner」です。

直訳すると「あの角ににある店」という意味です。

どうして桃色(ピンクと読むらしい)という単語をつけてしまったのか・・・(涙)
女の子チックな映画みたいな感じのタイトルですが、内容は実はウィットに富んだ、あたたかく、とっても真剣な恋愛映画です。

原題もなんとなくあの角のあの店なんてちょっとノスタルジーな感じがしていいですよね。


悪いことしましョ!ハロルド・ライミス監督、主演ブレンダン・フレイザーの「悪いことしましョ!」という映画の原題は「Bedazzled」です。

直訳すると「魅了された状態」とか「目がくらんでしまっている状態」のことです。

まあ、心が惑わされて混乱した主人公が奮闘する物語なので原題の意味はよくわかるのですが、邦題の方は買いたくてもレジに持っていくのがちょっと恥ずかしくて買えないような題名ですね(笑)
内容はゲーテのファウストがベースになっているいたってまじめなテーマで、心が混乱してしまっている人にとってはとってもためになる応援歌のような、笑えて感動できる、暖かいエールをくれる最高の映画ですよ。

わすれた恋のはじめかたジェニファー・アニストンとアーロン・エッカート主演の「わすれた恋のはじめかた」という映画の原題は「Love Happens」です。

直訳すると「突然の恋」とか「偶然の愛」、はたまた「恋は突然やってくる」でしょうか?
どちらにしても「わすれた恋のはじめかた」とはちょっとニュアンスが違います。

この映画を観て僕はおお泣きして感動しました。結構重い内容なのに何度も観たくなってしまう、暖かくて優しいロマコメです。マーティン・シーンがいい役してるんですよまた!(笑)
まだ観ていない方はぜひみてみてください。きっと泣きますよ☆

カールじいさんの空飛ぶ家そういえば、最近の映画ですごくインパクトがあったのは「UP」という原題のピクサー映画です。

ただ「UP」が原題です(笑)

シンプルすぎて逆に目を惹かれました。邦題は「カールじいさんの空飛ぶ家」ですが、これだと絵本の題名みたいで子供むけ映画と思いますよね?
ところがこの映画は大人が観ても深い!僕なんて映画館で観たのですが、最初の数分で泣きそうになっちゃいましたよ、いやほんと(笑)

すごく感動できるデリケートで楽しい映画ですよ☆ぜひ♪

不機嫌な赤いバラなかなか粋な邦題をつけましたな、と思ったものももちろんあります。例えばニコラス・ケイジとシャーリー・マクレーン主演の「Guarding Tess」の邦題は「不機嫌な赤いバラ」です。内容を見た人ならわかると思いますが、これはなかなかオシャレな邦題タイトルだと思いますね♪ちなみに、映画自体も最高に面白くて感動できるお気に入りの作品です。オススメですよ☆

まだまだ題名で粋なものがたくさんありますので、機会があればご紹介したいと考えています。
ですが、やはり英語を学べば学ぶほど、またアメリカの文化や習慣を知れば知る程、題名からいくつもの意味が考えられたり、監督やタイトルをつけた人の意図がよくわかるようになり楽しみが増えます☆

やはり行きつく所は文化と言語を知ることに、いかに興味を持てるか、だと思いますが、異文化や言語を学び、新しい世界を知るということは、元来とっても楽しいことです♪ぜひオススメです。
 


WOWOW


RE:PLAY TOP > トリビアINDEX > 笑える邦題と洋画の原題 △このページのTOPへ戻る


サイトマップ    リンク    FAQ    ご意見・要望・ご感想  

[PR] | DVDが198円から買えちゃう!eBookOff | 楽天のホームシアター購入ガイド | DVDが3枚で3000円!Amazonキャンペーン☆ | TVイッキ見!海外ドラマDVD-BOXが最大50%OFF! | 英語伝 |

 Copyright © 2008- 789jun Re:play All rights reserved.